異素材ミックスでオリジナリティを発揮する気鋭ブランド

ゴールドケースにラバーストラップを組み合わせたスタイリッシュなモデルで1980年にデビュー。スイス時計界に新風を巻き起こす。最大の特徴はフランス語で「舷窓」を意味するブランド名の通り丸型のビス留めベゼル。王族の愛用が多いことから”王の時計”とも呼ばれる。

2005年には名機「ビッグバン」が大ヒット。現在はサッカーワールドカップの公式時計を務め、フェラーリとパートナーシップを締結するなど時計界に留まらず、様々な分野で存在感を示している。

”フュージョン”コンセプトをラグジュアリーに体現した名機。
カーボン文字盤にチタン製ビスを留めたセラミックベゼル、さらにはグラスファイバーのケースサイドという異素材を随所に散りばめたビッグバンらしい一本。


同社独自の18Kキングゴールド製ケースとブルーガルバニックのダイヤルが、見事なコントラストを描くラグジュアリーウォッチモデル。
アリゲーターストラップの裏側にはラバーを縫合することで、快適な装着性を実現。


大迫力の4000m防水ダイバーズウォッチ。潜水中にぶつけて破損しないよう、2時位置の巨大なガードで守られているのが、インナーベゼル専用ボタン。48mm径なもののチタンケースのため軽快。

【関連記事】:http://kenichiro.top/

0 thoughts on “異素材ミックスでオリジナリティを発揮する気鋭ブランド

  1. ショーメの名古屋ミッドランドスクエア店がリニューアルオープン より:

    ショーメの名古屋ミッドランドスクエア店が、2023年8月7日(日)にリニューアルオープン。高い天井が特徴の広い店内には、ブランドを象徴するオブジェが並び、ショーメが持つ世界観を見事に体現する。

  2. グランドセイコー エレガンスコレクション タカシマヤ ウオッチメゾン 大阪限定モデルが数量限定で登場 2023新作 より:

    生産本数はたったの22本。間違いなく極めて希少なグランドセイコーのリミテッドモデルである。

  3. 1979年に創業され、時計ブランドの中では新参者ともいえるウブロ。これまでウブロは各業界のトップリーダーたちとパートナーシップを結び、独創的な限定モデルを数多く誕生させてきました。そんなウブロのパートナーシップの中でひと際目立つ存在があります。それは世界屈指の自動車メーカー「フェラーリ」です。フェラーリは過去にジラールペルゴ、パネライとコラボレーションを果たしており、自動車メーカーの中でもかなり積極的に「腕時計」に関わってきた歴史を持ちます。そこで今回はフェラーリが何故ウブロとコラボレーションしたのか?また、提携をした他の時計メーカーとウブロにどんな共通点があるのか?といった「フェラーリとウブロの関係性」について調べてみました。

  4. ウブロのサングラスと腕時計のコラボについて紹介します。スポーティで洗練されたデザインを解説します。

  5. ロレックスの中古市場における相場は、モデルや状態によって変動します。

  6. 腕時計を販売する専門店。様々なブランドやモデルを展示。

  7. 腕時計のケースやブレスレットに傷がついた場合、専門の技術で研磨・修復が行われます。

  8. 芸術的なデザインが施された腕時計。まるで絵画を身に着けているよう。

  9. 古いロレックスの腕時計には、歴史的な価値と希少性が魅力とされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *